会社経営

経営者が社員を守るために最も大切なこと

経営者が社員を守るために最も大切なこと

会社にはいくつもの経営方法があります。

正解は会社の数だけ存在し、その会社を経営する社長の数だけ存在しています。

まさに無限です。

また、事業規模により全く異なり、1人のみで行なっている会社もあれば、何千人規模の社員を抱える大企業もあります。

大きな会社には労働組合が存在し、この組合が、会社と労働に関する窓口をしてくれます。

ここまでくれば、会社と社員の関係性が成り立ち、社長と社員との関係性が薄れてきているかもしれません。

では、経営者が社員を守りたいと直接的に感じる事業規模はどれくらいでしょうか。

恐らく、従業員数が10~30名ほどの企業ではないでしょうか。

これぐらいの事業規模であれば、たいていがワンマン社長の企業が多く、ワンマンである裏返しとして社員への強い思いが良くも悪くも存在する傾向があります。

では、そんな経営者が社員を守っていくために最も大切なことは何でしょうか。

それは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

会社経営の関連記事

納税する会社と節税する会社の未来は真逆

どんな事業を成功させる上でも必要なこと

全ての成功の秘訣はコミニティを創る力

事業をするなら自分を貫くか流れに乗るのか。

東洋思想がビジネスに活用できる理由

まとまった資金を調達するためのベストな方法