サラリーマン

大企業の会社員をやるような時代は終わった・・・なんて半分は嘘

大企業の会社員をやるような時代は終わった・・・なんて半分は嘘

大企業の会社員だからと言って安心はできない時代になった・・・と日本のあちらこちらで叫ばれています。

「社畜」、「グーミン」、「ニホンジン」といった表現で、我々日本人の真面目さ、主張のなさに対して、警笛を鳴らすような本やサイトが流行っています。

その結果、起業や独立を後押しする組織や、実際に検討をする会社員が増えています。

もはや大企業は悪の存在かのような論評さえでてきています。

しかし、こんな時こそ冷静になって逆の考えもしてみましょう。

すると、正解の部分もあれば、大企業であることのメリットがあることにも気づくはずです。

私は「大企業の会社員をやるような時代は終わった」という意見に関しては、半分は嘘だと思っています。

では、大企業に所属しているメリットとは何でしょうか。

それは・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。/ . 会員でない方は コチラ

サラリーマンの関連記事

大企業の会社員をやるような時代は終わった・・・なんて半分は嘘

会社員がいくら頑張っても貯金できない理由

生き甲斐が見つけられない会社員がやるべきこと

転職しようとしている会社員が今やるべきこと

結婚にためらっている会社員の悩みを一発で解決してしまう方法

会社員がいくらがんばっても貯金できない理由