資産形成

遺言・相続で問題にならないように第一にやっておくべきこと

遺言・相続で問題にならないように第一にやっておくべきこと

日本は既に超高齢化社会に突入しました。

簡単に言えば高齢者の人口割合が高まっている上に、その傾向に歯止めがききません。

どんな社会であれ、高齢者の割合が多すぎることは健全な状態とは言えないため、様々な問題が噴出してきます。

中でも最近は、相続に関する問題が増えてきています。

実際に国の重職につく人物の発言から、相続によって税金を徴収しようと考えていることが伺い知れます。

現在では3世代の相続を行えば、いくら資産があったとしてもほぼ0円になるような仕組みになっています。

そんな実情もあってか、相続に関する相談が専門家に殺到しているようです。

実際に私のもとにも相談に来る人が増えています。

では、健全で合法的な形で相続していくにはどうすればいいのでしょうか。

最も適切な方法があります。

その方法は、日本では一般的ではないものの、海外では主流になっている方法です。

その方法とは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。/ . 会員でない方は コチラ

資産形成の関連記事

時代の転換期だからこそやるべきこと

分散投資と集中投資はどちらがいいのか。

経営者の最大の悩み「資金繰り」を解決する方法

社会的信用を築く意味

不動産投資の成功は利回りを見ることではない

年収240万円以上あれば自己資金なしで不動産投資ができます