ビジネス

経営者を務めるために必要不可欠な要素とは

経営者を務めるために必要不可欠な要素とは

世の中には様々なタイプの経営者がいます。

世界的に有名な会社の経営者もいれば、一人だけで闘っている経営者もいます。

また、株式公開をしているため、事実上は雇われ経営者をしている人もいます。

個人事業主も経営者の一人ですし、中小企業のワンマン社長も、経営者です。

このように、世の中にはたくさんの経営者が存在しています。

しかし、日本企業は3年から5年で大半が倒産するといわれています。

そのため、先ほど挙げた会社の経営者も、3年から5年でほとんどが職を変わるか、職を失う末路が待っています。

経営者になるだけであれば誰にでも手さえ上げられればなれても、いつまでも経営を続けられる人間は極一部です。

では、そんないつまでも経営を続けられる人間はどんな要素を持っているのでしょうか。

それは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ビジネスの関連記事

経営者を務めるために必要不可欠な要素とは

自分のことは自分で考えて決めましょう

「ホウレンソウ」より「ザッソウ」?

都市部と地方で情報格差が生まれているわけ

憧れの代表取締役社長を続ける上で必要なこと

事業をするなら自分を貫くか流れに乗るのか。