生き方

目の前の情報の捉え方

目の前の情報の捉え方

世の中には情報が溢れかえっています。

テレビや雑誌、新聞、インターネットなど、大人から子どもまで、いつでもどこでも情報を手に入れることができます。

というよりむしろ、だまって生きていても勝手に自分達の中へ情報が流れこんできます。

それは、単純に情報量が溢れかえり未だに増加を続けている社会的な要因と、善意であれ悪意であれ、誰かが人を誘導させることを目的とした情報が存在しているからです。

そんな世の中で生きていくにはとても大切なことがあります。

それは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

生き方の関連記事

気づきって考えることを継続することであるんだね

世界は日本だけではないと本当に理解していますか?

自分の人生を生きていますか?

情報社会の加速で必要になったこと

繋がりの重要性

問題提起という考え方