生き方

人生が有限であることをどこまでイメージできていますか?

人生が有限であることをどこまでイメージできていますか?

突然ですが「人生」をこんなふうに考えたことがあるでしょうか。

人はいつかは死にます。早い遅いはあるものの100%死にます。つまり、生まれた瞬間から死に向かって人は生きています。

脳の思考回路を考えると、抽象度が低い人ほど、起こりうる問題や可能性を想定することができません。

そのため、目の前の状態にだけ必死になり「今」しか考えられないため、付け焼刃な解決しかできません。

その結果、犯罪や自殺に繋がってきます。

反対に、抽象度を上げると、物事を大局観で捉えた上で「今」を必死に生きることができます。

その選択肢が「死」や「犯罪」に至るケースはほぼ存在しないでしょう。

我々人間には、一人一人に与えられた有限な時間があります。

とはいえ最大の問題は・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。/ . 会員でない方は コチラ

生き方の関連記事

真実の敵は目の前に非ず

決めて型にはめるから物事はゆがむ

「心」と「集まり」が世界を動かす

いつの時代であっても今を変える勇気が必要

人生が有限であることをどこまでイメージできていますか?

被曝と利権