経営者

社長といってもただの人間

社長といってもただの人間

みなさんは「社長」と聞くとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

正式な言い方をすれば「代表取締役」という職業に就いている人のことを言っています。

基本的には威厳があり、偉く、凄いという印象があります。

しかし、代表取締役とはあくまで「会社の責任者」という職業であって、別に偉くも凄くもありません。

表現があいまいですが、そういった基準で言えば、もっと偉く、凄い会社員も存在しています。

あくまで代表取締役とは、

責任の大きさが報酬の額に比例しているだけであって、人間としての立場は社員と全く変わらない

職業です。

実はこの事実は、社長である本人自身も勘違いを起こしているケースがあります。

そんな勘違いに気づくのは・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。/ . 会員でない方は コチラ

経営者の関連記事

5年後にもつながっていられるような人と仕事をするべし

好きなことを事業にして稼ぎ続ける確率は1%以下

税理士はお金のプロなわけではない

世の中の会社の在り方に疑問

社長といってもただの人間

全ての成功の秘訣はコミニティを創る力