無料記事

日本人の大半は金利の良い銀行

日本人の大半は金利の良い銀行

日本人は「お金の仕組み」について勉強することがありません。

また、日本の仕組み上、一般の人には「お金の仕組み」が分かりにくくなっており、生活の一環に組み込まれているため気づく人がほとんどいません。

その結果、

気づかないうちに財布の中からお金が出て行っている

という現象が起きています。

出て行っていることにも気づかない状況を創り上げられています。

例えば、あなたが賃貸契約をしていたとしましょう。

賃貸物件ということは、必ず物件の所有者がいます。

仮にその物件のオーナーが銀行だったとしたらどうでしょう。

銀行は金利0.01%で預け入れてもらいます。

そのお金をもって2~3%の利率で人に貸し出します。

しかも銀行は何かの問題が起きた時に上限で1000万円しか保証してくれません。

つまり、

大半の人はかなりの低金利でお金を貸して、かなり利益率の良い高いお金でモノを買ったり借りたりしている

ということです。

大半の人は、具体的にその事実に気づいている人はいません。

しかし、あなたはこの事実を目の当たりにしてしまいました。

では、どうすればいいのでしょうか。

答えは簡単です。

それは

逆の立場(つまりは仕組みを利用する立場)になること

です。

不動産で言えば、借りる側ではなく貸す側の立場になることです。

貸す側の立場になろうと思おうと、多額のお金が必要になるイメージがあると思います。

そのイメージに間違いはないものの、仕組みを勉強していけば、自己資金も使わずに大きなお金を動かす方法が存在しています。

そんな方法をOtakeKazuaki.comでは日々ご紹介しているので、気になる方は毎日チェックしてみてください。

会員の方に限定で情報をお届けしています。

OtakeKazuaki.comの会員になる方はコチラから。

無料記事の関連記事

年収240万円以上あれば自己資金なしで不動産投資ができます

定年後の人生をリアルに考えられている人は少ない

人間は楽しめば楽しむほど閃く

「できる」か「できない」かを論点にしてはいけない

借金と命は釣り合わない

会社員がいくら頑張っても貯金できない理由