グローバルマインド

今や日本人はルックウエストする時代

今や日本人はルックウエストする時代

「ルックイースト」と言えば、かのシンガポール首相であるマハティール氏が、シンガポールという国を創り上げて行くときに、当時の日本という国を見習って成長しようということを一言で表した言葉です。

実際にシンガポールも日本も世界的に見れば領土面積が狭く、地下資源を持たない国です。

しかし、今や日本人がシンガポールを見習ってやっていかなければならない時代になっています。

まさに「ルックイースト」すべき時代がやってきています。

日本は今や世界経済の中でみればインパクトがほとんどありません。

シンガポールは「ルックイースト政策」の中の一環で、全ての生活費などを賄って日本へ留学する制度がつくられました。

年間約200人の受け入れを行っていた同制度も今では定員割れを起こしています。

つまり、

日本はタダでも行きたくない国になっている

ということです。

それに比べ、シンガポール近辺の国々は日本以上に急激な高度経済成長期を迎えています。

マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、インドなど全ての国が急成長を遂げています。

そんな国々の経済においても、物流においても中心にある国の一つがシンガポールです。

どんなことでも時流に乗ることは重要なことです。

そんな世界経済の潮流に乗ることを考えればシンガポールは国ぐるみで優秀と言えるでしょう。

日本は何かあれば「税金」が先にきます。

シンガポールは各種の優遇が存在し競争を常に生み出しています。

しかし、そのデメリットとして国が国民をまったく守ってくれません。

そのためシンガポール人は常に自分自身で自分の身を守るための方法を模索しています(シンガポール人が日本人より超金持ちの理由)。

これも世界的な流れから言えば、自分の身は自分で守れないと生き残っていけない時代へと進んでいるため、時流にあっていると言えます。

これらの時流に適した方法を用いているシンガポールが成功をしている証拠に、シンガポールやマレーシア、台湾系チャイニーズの富裕層の資産は日本人とは比べ物になりません。

今や日本人はシンガポールを見習って将来の人生設計をしていくべきだと言えるでしょう。

具体的な資産形成方法などは、OtakeKazuaki.comの有料会員になってチェックしてください

グローバルマインドの関連記事

今や日本人はルックウエストする時代

これからレバレッジが必要な時代になる理由

自分のことは自分で考えて決めましょう

「心」と「集まり」が世界を動かす

格安でハイレベルな海外旅行をする方法

グローバルな視点を持つために必要なこと