海外保険

海外積立の最新情報(2018年1月版)

海外積立の最新情報(2018年1月版)

資産を形成していく上で、ポートフォリオを考えた時に長期的な積立ができる商品は必要不可欠です。

そして、日本人にとっては苦手領域かもしれませんが、海外を視野に入れた積立ができるかどうかがこれからの勝敗の分かれ目になってきます。

なぜなら、

日本の市場を考えた時に日本が成長する要素が一つもないから

です。

市場が伸びないということは、今以上に日本における経済状況が向上する要素がないということです。

そのため、本気で資産を形成していきたいのであれば、海外を視野にいれて展開しないことには日本が沈むのと一緒に沈んでいくことでしょう。

とはいえ、以前に比べ、日本人を受け入れてくれる会社がかなり減ってしまいました。

その詳しい理由に関しては別の記事で記しますが、それでも未だに受け入れてくれる企業があります。

ちなみに、海外の生保会社といっても、海外に直接口座を開き、海外の拠点にて直接積立を行うものを指していることに注意してください。

では、現在のところ健全に日本人を受けている企業を紹介したいと思います。

まずは、日本国内にいても契約が可能なところをご紹介します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

海外保険の関連記事

海外積立の最新情報(2018年1月版)

国内系生保で損をする人が後を絶たない理由

海外保険難民を救済する仕組み

海外の積立を契約する時の実情~その2

海外生保のR社を運用する上で必要な考え方

海外投資レポートvol.5 prd by Otakekazuaki.com ~プレミアトラスト