生命保険

日本国内の生命保険事情を見れば日本の立ち位置が見えてくる

日本国内の生命保険事情を見れば日本の立ち位置が見えてくる

日本と言えば、あらゆることがガラパゴス化していることで有名です。

中でも金融関係の情報は、世界的に見れば後進国ともいえる状況で、その実情は生命保険を見ればよく分かります。

国内にある生保は、大きく分けて二つのパターンが存在します。

それは国内系生命保険会社に加入するか、外資系の生命保険会社に加入するかの二択です。

外資系の生保は、カタカナ生保という言い方をする時があり、日本国内で営業できる会社数は決まっています。

彼らの企業は日本に登録されており、国内系生保と同様に、日本の法律のもと業務が遂行されています。

しかしここで勘違いしてほしくないことがあります。

それは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。/ . 会員でない方は コチラ

生命保険の関連記事

国内系生保で損をする人が後を絶たない理由

日本国内の生命保険事情を見れば日本の立ち位置が見えてくる